• case06TOKACHI HORSE WEDDING
乗馬を愛するふたりが叶えた
大好きな馬と過ごすオーダーメイドウエディング
TOKACHI HORSE WEDDING
コロナの影響で結婚式を延期した方、
本当にできるのだろうかと心配されている方は少なくないと思います。
ココスタイルは、これまで様々な形でウエディングのお手伝いをしてきました。
その経験から言えるのは、
結婚式に「こうでなければいけない」という決まり事はないということです。

「これならできる!」
「こんなウエディングをしたい!」と思っていただけたら幸いです。

十勝の大自然の中で獣医師として働く聖也さんと彩さん。
人とのふれあいだけではなく、動物とのふれあいも大好きなふたりの共通キーワードは、自然と馬。

ある日、職場の集まりで乗馬をする機会に恵まれたふたりは、そこで意気投合。
その時に知り合った乗馬クラブのオーナーさんが、のちに乗馬の楽しさを沢山教えてくれるようになり、
結果的におふたりの仲をとり持ってくれてキューピッドになってくれたそうです。

実は聖也さんは中学生の時から馬術部で活躍し、高校・大学まで馬が家族のように身近な存在。
彩さんもあっという間に乗馬の魅力に引き込まれました。
一緒に動物との時間を過ごすことで、楽しさや安心感を共有するようになり、徐々に打ち解けてお付き合いがスタートしました。

彩さんは海外旅行が好きなバックパッカー。
交際がスタートして1、2年ほど経過してからは友人グループでマレーシアに行ったり、
ジャングルに行って熱帯雨林の山道をひたすら歩いたり、丸太を渡るなど、ふたりの旅行はいつも刺激的でした。

そして、付き合い始めてちょうど3年後の2018年の5月10日に入籍。
結婚という形に特にこだわりはないけれど、ずっと仲良くいられたらいいな
と、共通の思いが自然と結んだ縁でした。

可愛がっている馬と一緒に結婚式をしたい

  
結婚式を考えた時、最初に感じたのは「馬を結婚式に登場させられないかな?」という思い。
しかし、既存の式場で「馬と一緒に叶えるプラン」を検索してみると、予め式場で用意した馬と一緒に入場できる方法のみで、
ふたりが愛する馬と一緒に過ごしたいという希望はなかなか叶いそうにありませんでした。

“できることなら、初めて出会う馬ではなく、普段から可愛がっている馬とふれあいながら式をしたい”との思いを胸に、
広大な自然がある十勝ヒルズならもしかしたら叶うのでは?とふたりは相談をしにきてくださいました。

それがCoco style WEDDINGとのはじめての出会いです。

「大好きな馬を連れて、ふたりらしい屋外の結婚式は叶いますか?」

  
Coco style WEDDINGでも馬と一緒の結婚式は初めてでしたが、
こちらからも「ぜひ、やってみましょう!」と前向きにお返事させていただきました。
十勝ヒルズからも、「やってみましょう!」快く協力的な言葉が返ってきたことで、夢に一歩近づきました。

動物も人も安心できるように、準備は万全に。

  
準備段階では、いつもお世話になっている乗馬クラブのオーナーさんにご協力いただき馬を二頭借りることにしました。
当日どうやって連れてきていただくか、連れてきたあとどのような演出を企画していくか、入念に確認しました。

とても頼もしいみなさまに助けられて実現した1日です。

お仕事にいそがしい合間を縫って、やりとりはLINEとオンラインミーティングで行いましたが、
日頃からこまめなやりとりを続けていたことや、結婚式の直前に現地でリハーサルができたことが安心感に繋がったと言っていただけました。

ドレスは馬に乗りやすいデザインと機能性を重視

  
馬に乗ることを想定し、ドレス選びは「馬に乗る時、邪魔にならないデザインか」を大切に。

ワイヤーが入ったパニエは少し動きにくいことを知り、チュールの軽い素材のドレスをチョイス。
彩さんは実際にドレスショップでは馬の乗り方をイメージし、何度もシミュレーションを繰り返し本番に向けて準備を進めました。

高いヒールの靴では馬に乗るのは危ないので、安定感のあるウエスタンブーツに。
聖也さんも、動きやすくて汚れにくいスーツで臨みました。

当日は無事に馬が到着するかドキドキしながらも、なんとか一緒に入場し、ゲストにも沢山馬とのふれあいを楽しんでいただきました。
特別に用意した乗馬体験や馬のエサやり体験コーナーは、日頃は馬とふれあうことが少ないゲストたちからも
「楽しい!」「かわいい!」と、大好評でした。

お料理や会場装飾は、自然が豊かな海外の農園のように

  
ガーデンでのチャペルや、手作りの小物たちなど、希望のイメージを形に落とし込んでいくプロセスはオーダーメイド結婚式の醍醐味のひとつ。
これ、やってみたい!と思いついたものは、どんどん取り入れていきました。

また、十勝ヒルズ内のホールを貸切り、映画館のようなセッティングにして、
ふたりの生い立ちをムービーにして全員で鑑賞し、最後には手紙朗読の時間も設けました。

新しい結婚式の形は、プロフェッショナルなチームを頼りに

  
馬を連れて演出する結婚式は一般的にはそう多くないかもしれませんが、どんなシチュエーションでも理想が叶えられるように
イメージを具体的に膨らませ、しっかり形に落とし込むスタイルがCoco style WEDDINGの一番の魅力だったといってくださいました。

おふたりの理想をカタチにする準備期間、とてもやりがいがありました!
出会ってくださって本当に感謝です。

「結婚式当日のスケジュールをどう組み立てるか?その自由度が高かったのがありがたかったです。
写真撮影や装花などの専門家は、ココスタイルウエディングの思いに共感されている方々を選ばれているのだと思い、
それがスムーズな進行や当日の一体感、統一感に繋がっていると感じました。
オーダーメイドウエディングの面白さがもっとたくさんの方に知っていただけるといいですね
 
とおふたりに言っていただいたこと、本当にうれしかったです。
  
これからも、この結婚式に負けないぐらい、ふたりらしい人生を歩まれること、楽しみにしています。末永くお幸せに!

Place:TOKACHI HILLS
Photo:itowa Photograph
Movie:Kusakina Film
HairMake:Duetta
Flower:hitomi murakami
MC:Yuko Fujiwara
PA:K’s sound
Styling:Konno Akihito
ご予約・ご相談はフォームまたはお電話で
080 4045 7748080 4045 7748
月曜〜土曜 10:00-18:00
日曜・祝日定休(婚礼の場合は営業)
PAGE TOP