JOURNAL / 2020.06.12
ココスタイルが提案する、これからのウエディングvol.2~オーダーメイド人前式+会食編~

  • コロナの影響で、結婚式の規模の縮小を考えている方も少なくないと思います。
    もしかすると、心のどこかに「こんなはずではなかった」と、残念に思う気持ちがあったりしませんか?
    全てに対して手厚く準備をするのではなく、かけるべきところに上手に力をかければ、規模には関係なく理想の結婚式を実現することができます。
    オーダーメイド感覚で作る小さな結婚式のメリットは数えきれないほど!
    前向きな気持ちで、楽しく準備を進めていきましょう。
     

    この結婚式で大切にしたいものは何?

    どんな結婚式もそうですが、この結婚式で何を大切にして、何が譲れないのか、心の中を整理するところから準備を始めていきましょう。
    ふたりだけで特別な思い出を残したい。家族にしっかりと見届けてほしい。友人やお世話になった方たちにも報告したい…。希望を明確にすることで、お招きする人数も見えてくるでしょう。
    どんな時間を誰と過ごしたいのかが見えてきたら、「では、それにふさわしいのはどんな場所?」と会場を探していきます。結婚式の準備というと、つい会場を先に決めてしまいがちですが、中身から考えていくことが大切です。

     

    時には引き返す勇気も大切です

    実はここでご紹介するおふたりも最初はチャペル式を考え、大聖堂のような美しいチャペルを併設している結婚式場を予約されました。けれど準備を始めてみるとプランがほぼ決まっていたり、予算をなかなか提示してもらえないなど、不安は募るばかり。式に対しても、ぼんやりとしたイメージはあるものの、具体的にどうすればよいのかわからず、結局はキャンセルの選択をされました。
    そして「式場探しから相談にのってほしい」とココスタイルに来られた時には、いったい何を大事にしたらよいのかさえ、わからなくなっていたのです。

     

    たくさんお話を聞かせてください

    お会いする前に書いていただいたカウンセリングシートをもとに、じっくりお話をうかがいました。すると新婦が「双子の妹がイギリスの大自然の中でアットホームな結婚式をして、それがとても素敵だった」という思いを口にされました。
    なんとなくチャペル式を選んでしまったけれど、家族に見守られ、ありのままのふたりで、自然を感じながら式を挙げたい。幸せに感謝する気持ちを大切にして、心ゆくまで家族とおしゃべりし、みんなのくしゃくしゃの笑顔がたくさん見られる一日に…。
    そんなあたたかいイメージを持たれていることがわかり、笑顔がいっぱいで、家族みんなで幸せを喜び合う一日になるようにと、準備が始まりました。

     

    イメージが決まったら会場探しスタート!

    理想とするイメージが決まったら、いよいよ会場探しです。妹さんの結婚式のお話から、森の中にいるようなプライベート空間を味わうことができてお料理にも定評のある「エルムガーデンsansou」を提案したところ、大変気に入ってくださいました。
    夢のような、ふんわりとした柔らかい空間が好きだというおふたり。エルムガーデンsansouさんなら高い天井もあり、希望されるような装飾の幅も広がると想像していたので、喜んでいただけてとても嬉しかったです。


     

    予算のかけどころを見極めて、理想に近づける工夫を

    少人数のウエディングでは、どこもかしこもすべて豪華にすると、ゲストはちょっと緊張してしまいがち。アットホームな雰囲気を目指すなら、引き算を考えた会場装飾が効果的です
    挙式をする場所は、結婚の誓いを家族に見届けていただく大切な空間。1点、ここに絞ってこだわりぬくことに決め、高い天井から吊るしたジョーゼットにバラをあしらいました。ゲストの椅子にもジョーゼットを巻き、バラを1輪添えることで統一感を演出。大きな結婚式では高額になってしまうことでも、少人数なら丁寧なおもてなしができます。

    会食のテーブルはスペースを有効に使えるように、装飾は控えめに。ジョーゼットのテーブルランナーに、流れるように1輪ずつのバラをセットし、シンプルだけどシャビーシックなコーディネートが完成しました。

     

    衣裳の費用を抑えながら夢を実現

    おふたりの場合は一度キャンセル料も払われており、予算を抑えたいという希望がありました。少人数ウエディングは、お金のかけどころを上手に選ぶことができるのも大きな魅力です。
    挙式では思いっきり憧れのウエディングドレス&タキシードをレンタル、会食では購入されたパーティードレス&スーツにチェンジ。衣裳のレンタル費用をぐっと抑えつつ、理想のドレスを着たいという新婦の夢も叶えることができました。
    費用の見積りでは大きな金額を占める衣裳ですが、そこでも工夫ができるんです。


     

    あたたかな空気感のオーダーメイド人前式

    挙式は、誓いの言葉、指輪の交換、結婚誓約書の作成と署名を、集っていただいたみなさんとともに進行していくゲスト参加型の人前式。
    ゲストの方たちには式が始まる前に、新婦が手作りしたプレートに祝福のメッセージを書いていただきました。そして挙式の最後、おふたりにお祝いの言葉を声で届けていただきながら、結婚誓約書のガラスプレートの中へメッセージを閉じ込めます。全員が入れ終わったところで、おふたりがガラスプレートに署名をしました。
    少人数の挙式では、おふたりとゲストのみなさんとの距離の近さが魅力です。式を見届けながら、ゲストが気持ちをぽろっと口にしてしまってもいいような空気感。全員で幸せな気持ちを共有することができます。



     

    家族一人ひとりと写真撮影

    式後は記念撮影の時間をたっぷりと。大きな結婚式では、テーブルラウンドなどでグループごとに写真を撮るケースが多いかと思いますが、少人数ならご家族、姉妹のみなど、いろいろなバリエーションで大切な人との思い出を残すことが可能です。憧れの衣裳で、ご家族ともたっぷりお写真を撮ることができて、おふたりとも大満足でした。

     

    料理やケーキにもこだわりを

    会食ではサービススタッフが、ひと皿ごとに込めた思いやポイントなどを丁寧に説明。お料理が運ばれるたびに、口に入れる楽しみが格段に上がります。
    そしてウエディングケーキにもこだわりを。ゲストがひとつずつ苺を飾っていき、最後に新郎新婦が苺とマジパンを載せて完成! みんなで作り上げたケーキの美味しさは格別です。




     

    少人数だからできる演出&アイテム

    ウェルカムコーナーも充実させたいという希望があったおふたり。ハンドメイドがお得意な新婦が新たに作られた小物のほか、ご自宅に飾っていたDIYのインテリアも運びました。頑張って作ったアイテムも、少人数のパーティならひとつずつ、じっくり見てもらうことができます。



    ゲスト席に用意したプロフィールブックは、最後のページにその方に向けたメッセージを手書きで記入。お見送りで感謝の言葉とともに手渡しされた紅茶とハンカチのプレゼントも、デザインやフレーバーをゲストごとにひとつずつ変えるという、細やかな気配りが光っていました。


     

    予算と一緒に希望まで削減しないで!

    「大切な家族とたくさん笑って幸せな時間を過ごしたいという願いが叶いました。改めて家族への感謝の気持ちと、家族っていいなぁという思いでいっぱいになりました」
    これは結婚式後のアンケートでいただいたおふたりの言葉です。
    また、「もしも当初式場から提示されたプランの中で、予算内に収まるように考えていったら、無難な挙式になっていたと思います」とも。
    予算に限りがあるからと、やりたいことや大切にしたいことまで削減する必要はないんです。決められたプランから構築するのではなく、かけたいところに柔軟に力を入れて作り上げるオリジナルのウエディング。
    大切な一日を笑顔で過ごしていただけて、本当によかったです!

    ▼ぜひ、こちらもご覧ください
    ココスタイルが提案する、これからのウエディングvol.1~帯広神社編~
    ココスタイルが提案する、これからのウエディングvol.3~移動型ウェディング編~

ご予約・ご相談はフォームまたはお電話で
080 4045 7748080 4045 7748
月曜〜土曜 10:00-19:00
日曜・祝日定休(婚礼の場合は営業)
PAGE TOP