JOURNAL / 2022.07.03
【10月】小樽洋館フォトウエディング募集中です
  • 昨年3月に初めての開催をしてから、5回目を迎えた5月の小樽洋館フォトウエディングも大盛況で幕を閉じました。

    みなさんとー---っても良い笑顔をしてくださっていて、カメラマンさんから上がってきたお写真を拝見していて、私たちスタッフも心がほくほくしています。

    どの新郎新婦さまも、「おふたりに似合う!」お衣裳で、それぞれのカラーを感じ取ることができる"おふたりらしい"フォトになっています。
    これも、お衣裳をお見立てしてくださる右左喜Weddingさんとmur.さんのスタイリング力、そして、おふたりの良さを最大限に引き出してくださるヘアメイクさんとカメラマンさんの技術力、
    お衣裳やおふたりの雰囲気をくみ取って最高にキャッチーなブーケや生花のヘアードを提案してくださるフローリストさんのお力あってこそだなあ、、、としみじみ振り返るのでした。

    私たちココスタイルが大切にしているのは、「笑い声が聞こえてきそうな写真」。ご結婚式でもフォトウエディングでも、常にその視点は忘れないようにしています。
    正直なところ、この小樽洋館フォトウエディングの撮影現場には、このブログを書いている私は伺ってません。(私は企画運営担当として広報を仰せつかっておりまして、いつも出来上がってきたお写真を眺めては、
    あぁどれも可愛い、どれも素敵、、選びきれないっ!と嬉しいため息をついているばかりで‥実際の現場は見ていないのです)
    そんな私が写真を見ていていつも感じるのは、おふたりが"カメラ"に向かって笑っているわけではないということ。
    カメラマンさんや、カメラマンさんの周りにいる、私たちスタッフの方に向かって笑ってくださっている。そう感じるのです。だから、笑い声が聞こえてくるんです。

    これって、かなり大事な空気感だと思っています。つまりは「生きた写真」をのこすことを大切にしているということなのです。
    それは、『何年経っても色褪せることのない、結婚写真』をのこしてほしいという願いからです。

    それは時を越えて大切に受け継がれてきた、"アンティーク着物"と"ヴィンテージドレス"に共通している『未来へのバトン』のような役割だと考えていて、
    だからこそ、このフォトウエディングを運営している尊さを改めて感じているのでした。


    ちなみにアンティーク着物への想いとヴィンテージドレスへの想いはこちらのブログにもしたためていますので、良ければご覧ください。
    アンティーク着物への想い
    ヴィンテージドレスへの想い


    そしてそして、相変わらず小樽の歴史的建造物の素晴らしさに、感動するのでした。
    今回とくに人気だったのは小樽芸術村にあるステンドグラス美術館。 この企画の開催地である、アンワインドホテル&バー小樽の真向かいにある小樽芸術村の中にある建物で、徒歩1分程度で行くことができる、とっても熱いスポットです。ここのステンドグラスは何度見ても圧巻です。


    そして、今回初めてお邪魔したのが小樽・堺町通りにある喫茶店、「くぼ家」さん。
    明治40年に建てられた、旧久保商店を改装した建物です。110年の歴史を感じる内装は、すりガラスや、赤いファブリックのソファがなんとも可愛く、ヴィンテージドレスの世界観にぴったりで、ほんとうに可愛いです◎◎


    せっかくだから、クリームソーダも頼んでみました^^

    また、ここ最近のお問合せで多いのが、『結婚式は挙げる予定がないから、写真をしっかりのこしたい』というもの。
    だからこそ、クオリティの高い写真をのこしたくて、色々と探していたところ、北海道アンティーク着物ウエディング北海道ヴィンテージドレスウエディングのSNSページに辿り着いたというお客さまが多く、とっても嬉しい想いでいます。
    結婚式は挙げないけれど、しっかり写真にはのこしたいという想いを、フォトウエディングでもちゃんと形にしていただけるように、私たちも色々と想いを巡らせ、ご提案しています。


    ご家族との記念撮影も大歓迎です。ぜひ、おふたりの想いをお聞かせくださいね^^

    ー--------------------

    小樽で開催するのも5回目となりましたが、いつも新しい写真を届けたいと、私たちスタッフは貪欲に、撮影スポットを探していますし、カメラマンさんも常に同じ方々ばかりでなく、おふたりのカラーに合わせてぴったり相性の良いカメラマンさんが担当させていただけるようにといつもう~~んっとスケジュール表とにらめっこしながら、時間を組み立てています。
    何回開催しても、決して同じにはならない、そんなふたりらしく、色褪せない写真をのこすために今日も奮闘しているのでした。

    というわけで・・・!10月の開催も決まり、既にたくさんの方々にご予約をいただいています。(いつもありがとうございます・・!)
    ぜひ、お早目にお問合せくださいね^^

    ちなみに、和装フォトは3日が既に満枠、残すところ、1日と2日に1枠ずつ空きがあります!
    ヴィンテージドレスフォトは1日~3日各日程とも、1枠ずつ空きがあります!

    ▼10月アンティーク着物ウエディング 【和装フォト】詳細

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【プラン内容】
    3日(月)のご参加(平日料金):198,000円+税(税込217,800円)、1日(土)・2日(日)のご参加(土日料金):228,000円+税(税込250,800円)※SNS掲載可能の方への特別価格です
    (SNS掲載不可の場合でも248,000円+税(税込272,800円)にてご参加いただけます。)

    ▼プランに含まれるもの
    新郎様紋付袴一式
    新婦様花嫁和装一式(※重ね衣:オリジナル色掛下+白打掛)帯・筥迫セット・草履・足袋等すべて
    撮影小物・右左喜Weddingオリジナル髪飾り・手元飾り(枝ブーケ)・ヘアセット・メイク・着付・写真撮影・編集(データ納品・約100カット)・アンワインドホテル館内撮影・撮影同行アテンド

    ▼ご希望に合わせてオプション価格でカスタマイズも可能です
    ・1点もののアンティーク引き振袖へのランクアップ
    ・相良刺繍の白打掛へランクアップ
    ・有料ロケ地貸切

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ▼10月ヴィンテージドレスウエディング 【ドレスフォト】詳細


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【プラン内容】
    3日(月)のご参加(平日料金):165,000円+税(税込181,500円)、1日(土)・2日(日)のご参加(土日料金):195,000円+税(税込214,500円)※SNS掲載可能の方への特別価格です
    (SNS掲載不可の場合でも215,000円+税(税込236,500円)にてご参加いただけます。)

    ▼プランに含まれるもの
    ヴィンテージドレス・タキシード・mur.厳選オリジナルヴィンテージ衣裳小物・mur.専属スタイリストによる衣裳スタイリング・ヘアセット・メイク・新郎様ヘアセット・オリジナルブーケ・撮影・写真データ50カット・アンワインドホテル館内撮影・フリー写真撮影タイム

    ▼ご希望に合わせてオプション価格でカスタマイズも可能です
    ・2着目衣裳追加(2着目プランあります)※詳しくはお問合せください
    ・有料ロケ地貸切

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    お問合せはこちらからぜひ◎
    既に満枠の日程も出ています。ぜひお早めにお問合せください^^

     

ご予約・ご相談はフォームまたはお電話で
050 3196 2473050 3196 2473
月曜〜土曜 10:00-18:00
日曜・祝日定休(婚礼の場合は営業)
PAGE TOP